フツウノファンタジー

eb21_121111 ec07_11111 ec21_11111 ec21_21111 ez02_111121 ez03_111111111 ez05_1111 ha01_11314 ha01_122133 ha01_125542 ha11_112111 ha11_32323121 ha12_113210101 ha12_1121101201 ha12_11341012011 ha12_11612011012 ha13_111111 ha13_1122111 ha13_1152112 ha21_22122 ha21_32442 ha21_121121 ha22_11221 ha22_124411 ha22_1282313 ha31_121111 ha31_123422 ha31_124322 ha31_1215213 ha31_1246222 ha32_1211101 ha32_1212112 ha32_12511121 ha33_1211101 ha33_1222121 ha33_12311221 hb01_11211 hb11_111311 hb11_213111 hb12_11410111 hb12_11410112 hb12_11410113 hb12_114222115 hb13_111121201 hb13_114421201 hb21_1111 hb21_21421 hb22_11311001 hb22_11321011 hb22_112110111 hb22_113110213 hb31_11111 hb31_113312 hb31_113411 hb32_1111111 hb32_1212122 hb32_12242223 hb33_113211 hb33_211122 hb33_1151112 hb33_2121223 hc01_2111 hc01_2211 hc01_21111 hc01_21213 hc11_11111 hc11_22531 hc12_11121000001 hc12_21113021101 hc12_21113022111 hc12_21523022111 hc13_11311 hc13_111211 hc13_1222111 hc13_1222122 hc21_11111 hc21_225332 hc22_21312 hc22_111231 hc22_1112321 hc22_1112322 hc22_1143213 hc31_11111 hc31_111211 hc31_114112 hc31_11111203 hc32_113131 hc32_12131211 hc32_12231102 hc33_11211 hc33_121111 hd01_112111 hd11_111111 hd12_122201 hd12_1611111 hd13_111111 hd13_1241112 hd21_11111 hd22_11112 hd22_1152221 hd22_1152222 hd31_11211 hd31_12142 hd31_122321 hd31_122422 hd32_11321 hd32_122111 hd32_1212123 hd33_11211 hd33_21111 hd33_213313 hk01_11221 hk01_12311111 hk01_124141111 hl01_11412 hl01_111111 hl01_211222 hl01_22123211 hl01_225432111 hm01_11211 hm01_1222201 hm01_1222211 hm01_124331111 hn01_11111 hn01_1111101 hn01_1222211 hn01_124111111 eb06_11111

Download

 フツウノファンタジー

作品情報

人の形をせし、意思を持つ’伝説の魔道書’リブラ、かく語れり。
『光の女神は魔に囚われ、世界は闇と混沌に包まれる』
『諸悪の根源たるは、魔族の頂点に君臨せし’魔王’』
『魔王によって、世の人々の心には深く絶望が刻み込まれるであろう』
『しかし、世界に存在するは闇ばかりにあらず』
『深き眠りに落とされながらも、光の女神は一人の少女に加護を与える』
『女神に選ばれし勇者、その名はヒスイ』
『同じく女神によって選ばれし仲間とともに、勇者は魔王を討ち滅ぼし、世界に光をもたらすであろう』
‘伝説の魔道書’リブラより予言を告げられし、一人の男はこう口にした。
「余が勇者に敗れるだと?そんなことがあってたまるか!」
男の名はジェイド。
魔族の頂点に君臨する魔王であった。
自らにくだされた死の予言を覆すため、彼は勇者の仲間としてともに旅をすることになる。
旅に出たばかりの勇者はまだ弱く、彼の望みは簡単に叶うはずだったのだが……。
「棺桶が空を飛んだ!?」
「勝手にタンスとか調べるなっ!!」
「レベルアップって何だよ!?」
彼の行く手を阻むたくさんの苦難と障害。
果たして、ジェイドの願いは実を結ぶのだろうか。
ごくフツウに勇者が、ごくフツウに魔王を倒し、ごくフツウにハッピーエンドを迎える物語。
’フツウノファンタジー’――ここに、フツウに開幕。