[ぺーるとーんれいんぼぅすたー] うさぎしょうじょとどうせいせいかつ!

Rapidgator (Premium acc recommend)
http://rapidgator.net/file/a8a1ad53d…40512.rar.html

Uploaded
http://ul.to/bqqsyz8e (Password / パスワード – biohrd)

 

突然人間の姿になってしまったペットのうさぎ「みみ」との同居生活。
その1コマを切り取ってお届けします。

トラック紹介

第1話:「おはようございます、ご主人」(7:23)
休日の朝、「みみ」が飼い主であるあなたを起こしてくれます。

第2話:「ご主人とピクニック」(6:03)
「みみ」といっしょに、近所の公園までピクニックに出かけます。

第3話:「一緒にお風呂です、ご主人」(6:41)
ピクニックから帰ってきたあなたと「みみ」は、体の汚れを落とすためにお風呂に入ります。

第4話:「ご主人と添い寝」(7:15)
疲れて眠りにつこうとしているあなたの布団に「みみ」が潜り込んできて、一緒に寝たいと言い出します。

おまけトラック:「ご主人をちゅっちゅ」(16:54)(このトラックはバイノーラル録音です)
寝る前に耳や尻尾を触られて、ちょっとだけ興奮してしまった「みみ」が、あなたの腕や指を舐めます。

合計再生時間 (44:17)
形式 MP3
——————————–
CV:和泉りゆ
制作:ぺーるとーんれいんぼうすたー
——————————–

 


 

■トラック1「おはようございます、ご主人」

ご主人~

ねーねー、ご主人~

えへへ、ご主人、やっと起きましたねぇ?

おはようございます~

はい、みみ、おとなしく待ってましたぁ。

寂しくて寂しくて、死んじゃうかと思いましたよぉ?

えへ、褒めてください~

ん、ふぅ、ご主人のなでなで、気持ちいいです~

んゅ、あったか~い。

ご主人、ご主人~

今日のご予定はいかがですか?

今日はどんな一日にしましょうか?

え?みみと一緒に遊んでくれるんですか!?

えへ、みみ嬉しいです。

ご主人がみみのために時間を割いてくれる、それだけでとっても嬉しいんですよ~

よかったら、もっと撫でてください~

えへ、えへへ~

ご主人の手、おっきいです。

みみの手と比べるとー、ほら、こんなに。

ご主人の手のひらだけで、みみの手、指先まで隠れちゃう。

いつも思うんですが、これじゃあ恋人つなぎ出来ないです…

あ、謝らないでくださいー

みみはそんなご主人の手が大好きです。

ちょっと筋張った手の甲も~、んちゅ

関節がはっきりしててたくましい指も~、んちゅ

ぜーんぶ、大好きなんです。

えへ、こうやっておててにキスしてると、なんだか王子様とお姫様見たいですねー

その場合、みみが王子様、ご主人がお姫様って、逆転しちゃってますけど。

でもー、物語の王子様はこんな風に、ぺろ、れろれろ、んぷー、んちゅ

って、その手をペロペロなんてしませんよー

大好きです~ご主人~

んちゅ、んぷ、ちゅ、ちゅ~

指、ちょっとしょっぱくて、美味しいです~

はみゅ、んみゅ、んぴゅ、んちゅる、ちゅぷ、ちゅぱ、んちゅ、ちゅるりゅ

え?発情なんてしてませんよ~

ただご主人の手がとっても美味しそうにみえたので~

あむ、んむ、むちゅ、んちゅ、くぷ、んむ、あむ、んむ

みみ~、朝ごはんは、ご主人の指でいいです~

いただきまぁふ。

はむ、あむあむあむ~、んむ~

あぷ、はむ、ぷちゅ、んぷ、んちゅる

ぷぇ

えへ、ご主人~

ご主人の朝ごはんですか?

そ~ですね~

みみとのちゅ~じゃ、ダメですか?

ほらぁ、ご主人~

んちゅ、んむ、ちゅる、ちゅ、んちゅぷ、ちゅぱぁ

ちゅ、ちゅる、んちゅ、ちゅ、ん、んぅ。

とろけちゃうような、あまい、あまーいちゅ~ですぅ

んちゅぅ、んぷ、ちゅ、ちゅぷ、ちゅ、ちゅっ、ちゅぅぅ

ぷはぁ

えー、ダメなんですか?

でも、みみは美味しかったんで、もうちょっと欲しいです。

んむ、ぢゅる、ちゅ、ちゅぷ

ぁん、ご主人!?

お耳触られるとぴくんってしちゃいますからぁ~

ちょ、ま、あ、ゃぁん、ご主人~

ん、んぅん!

んむぅ、ちょっといじわるさんですぅ。

わかっててやってますよね?もぅ……

はーい、おとなしく朝ごはん食べます……

ところでご主人、今日の朝ごはんはなんですか?

え?キャロットケーキ!?

わーい!みみの大好物だ~

やっぱりこんな体になっても、人参さんは大好物です~

えへ、ご主人、大好きですぅ

————————————————–

■トラック2「ご主人とピクニック」

ねぇねぇ、ご主人。

見てください、ほら、白詰草で作った冠ですー

ご主人の分の作って来ましたよー

はい、どーぞ。

せっかくのお休みにわざわざ公園まで連れて来てくれて、ありがとうございます。

はい、みみ、とっても楽しいです!

ご主人もいつまでも木陰にいないで、こっちで遊びましょうよー

それよりもお弁当?

あー!もうお昼なんですか~

そうですねー、もうお日様もてっぺんにいますねー

それじゃ、みみも木陰で一緒にお弁当、いただきまーす

えへ、ピクニックって初めてです。

こんな体になって、前みたいに散歩っていうわけにもいきませんもんね。

はい、みみは満足ですよ。

こうやって隣に座って同じものを食べたり、同じ言葉でお話しできたり…

こんなに嬉しいことって、他にないと思います!

確かにあの日、急に人間の体になった時はとってもびっくりしました。

みみ、ずーーーっと思ってたんですよー?

ご主人とお話したい、ご主人と一緒になりたい、ご主人と結婚したいって。

きっと何度も何度も何度もお願いをしたから、きっとお月様がこのお願いを叶えてくれたんだって、思ってます。

本当のところはどうなのか、みみには全然わからないです。

でも、そういうことにしておきましょうよ。

はい、今、みみはとっても幸せです!

突然ご主人と同じ人の形になって不安がってるみみを、ご主人は見捨てないでくださいました。

今まで通りどころか、ちゃんと人間としても接してくれました。

本当にありがとうございます。

大好きです、ご主人!

ふぅ、みみ、お腹いっぱいです。

ご主人の手作りのお弁当、とっても美味しかったです~

お腹いっぱいになったら、なんだか眠くなってきちゃいましたね…

このままここで、ころんってなっちゃいます。

えへへーご主人の膝枕ぁ

ポカポカ陽気のなかで、ご主人とお昼寝~

全部の幸せが、今ここに集まってるような気がします。

え~?他に幸せなことですか?

いっぱいありますよ~

例えば、ご主人に毛づくろいされてる時とかぁ

ご主人に抱っこされてる時とかぁ

あと、ご主人とお風呂に入る時とか!

えへへ~、ぜーんぶご主人と一緒の時ですね~

みみ、ご主人と一緒ならなんだって幸せだって思えるみたいです。

えへ、頭撫でてくれるんですね~

うふ、みゅふふ~

ずっと、こんな幸せが続けばいいのになあって思います。

みみ、いつまでもいつまでも、ご主人と一緒にいたいです!

ふあぁ~

みみ…ちょっとおねんねします……

ご主人?

よかったら、おてて握っててください…

えへ、暖かい…です……

……すぅ……すぅー……

……ふぅ……みゅ……

……えへ、ごひゅじん~……

……くぅー……すぅー

……すぅ……すぅ……
————————————————–
■トラック3「一緒にお風呂です、ご主人」
ただいまですー!

ご主人~、今日は楽しかったですねぇ!

ポカポカ陽気に、お日様もお空もと~ってもきれいで、絵に描いたようなお天気でした!

でも、ちょっと汗かいちゃいましたね~

どうします?お風呂入っちゃいましょうか?

…今日も、一緒に入ってくれますか?
えへへ、やっぱりお風呂はいいですねぇ

こう、体の中から暖まって、優しい気持ちになれます。

この体になっていろんなことを知りましたけど、お風呂は本当に素敵な文化だと思います!

…耳にお湯が入らないようにしなくちゃなのがちょっとだけ面倒ですが、頭にタオル巻いてるから大丈夫です。

えへへー、気持ちいいです。

ご主人も一緒に入りましょうよ~

大丈夫ですよ~みみはちっちゃいので、ギリギリ入れますって~

えへへー、ご主人を背中に感じます~

お湯の暖かさとはまた違った温度で、こっちは少しドキドキしちゃいますね~

ご主人とお風呂~びばのんのんってやつですね~

どこで聞いたのかって?

さぁ?いっつもお留守番の時はテレビ見てますので、きっと何処かで聞いたんでしょう。

…ご主人は優しいです。

毎日テレビ付けっ放しで出て行くのって、みみをさみしがらせないようにってこと、なんですよね?

それにさっきだって、ご主人、みみが寝ちゃってる間、ずっと手を握っててくれました。

…みみ、時々不安になるんです。

ご主人と一緒に居る今が、あんまりにも幸せで、あんまりにも非現実的で。

だってみみ、うさぎなんですよ?

ご主人に飼われてる、ただのちっぽけなネザーランドドワーフの女の子なんですよ?

それがこんな風にご主人とお話ししたり、手をつないだり、一緒にお風呂に入ったり……

ご主人?

ご主人の目に、みみはちゃんと人の形で映っていますか?

みみは、ご主人と一緒に歩いて大丈夫ですか?

だったらこのまま、ぎゅってしてください。

えへ、えへへへ…

ありがとうございます、ご主人……

よかったら……ちゅーしてください……

んちゅ、ちゅう、んちゅ、ちゅぷ、ちゅる

ちゅ、ちゅる、っぷちゅ、んちゅ、ちゅ、ん、んちゅ、ちゅ

もっとぉ、もっとください、ご主人~んむ

れる、んぶ、ちゅ、れろ、れりゅ、んぢゅ、んぷ、んぅ、れる

れる、れろ、ぺろれろれろ~、んぷぇ

はぁ、はぁ、やっぱり、ご主人は優しいです。

はぷ、んむ、ちゅ、んちゅぷ、ちゅぱ、ちゅるる

んぷ、んちゅ、ん、ん、ん、んじゅる、ちゅぷ、ちゅるん

……みみ、ご主人のペットでよかったです。

んぷ、だって、んちゅ、こんなに幸せなんですもん。

んじゅ、ちゅる、ぷちゅ、れろ、ぇろれる、んぁ、んむ

ちゅっぷ、れる、れぢゅ、んじゅ、んぷ、にゅぷ、んぱぁ

はぁ…はぁ………

そ、そうだ、ご主人!

よかったらまた、みみの髪を洗ってください!

あ、でも耳に水が入らないように気をつけてくださいね~?

うさぎは耳が命、ですので~
————————————————–
■トラック4「ご主人と添い寝」

ねぇねぇご主人?

ごめんなさい。

お休みのところ、起こしちゃいましたね。

あの、みみ、ご主人と一緒のお布団に寝てもいいですか?

いえ、特になにがあったわけじゃないんですけどぉ

なんとなく今日はご主人とくっついていたいなぁって。

だから発情してるんじゃないですってばぁ

うさぎは年中発情期ーみたいに思っちゃ嫌ですよ~?

これは、もっともっと純粋な気持ちなんですから。

えへ、じゃあお邪魔しまーす。

はぁ、ご主人のお布団、暖かいです~

それにご主人のお胸も、腕枕も、とっても気持ちいいですよ~

ねぇ、ご主人?

ご主人は、みみのこと好きですか?

言わなくてもわかるだろって、いいえ、言って欲しいです。

ほら、みみにしか聞こえないんだから、恥ずかしがらなくていいんですよ~?

えへ~、嬉しいです。

みみも、ご主人のこと、大好きです~

好きで、好きで、大好きです。

えへ、くすぐったいですよ~

ぁぅ……あんまり尻尾触らないでください~

ん…、発情しちゃいますからぁ

やぁん、ご主人~

もー、眠たいからって適当に扱わないでくださいよぅ、ご主人~

んぅ…ひゃぁん!

だから……耳も……弱いんですってばぁ……ぁん

あふ、ん、んぅ、んにゅぅ…

ご主人、ちょっとえっちぃですよ~?

ご主人も、そういう気分に、なっちゃってるんですか…?

……ご主人?

て、あれ?

ご主人、もしかしてもう寝ちゃってるんですか?

んもー、これからだって言うのにぃ~

……しょうがないご主人ですね~

いいですよーこのまま添い寝、してあげます。

ご主人~、ご主人~

大好きです、ご主人。

ずーっと、みみを抱きしめていてくださいね?

例え、みみがうさぎの姿に戻ることがあっても。

例え、みみが先に寿命を迎えたとしても。

最後まで、愛してくださいね?

じゃないとみみ、さみしくて死んじゃいますから。

って言っても、ご主人には聞こえてないんですけど。

ふわぁ~、みみも眠くなってきましたぁ

それじゃ、おやすみなさい、ご主人。

すぅ、くぅ、
————————————————–
■おまけトラック「ご主人をちゅっちゅ」

うん、ん、んぅう……

ご主人……ご主人……

はぁ、は、はぁ……

ふぅ~

なんだか体が熱くて目が覚めちゃいました……

ご主人、寝てます…よね?

ごめんなさい、ご主人……

また、慰めさせてください……

でも、ご主人が悪いんですよ?

あんな風にみみの身体、触るから……

はぁ、はぁ…

ご主人の腕枕をこうやって…

パジャマの袖、まくっちゃいますね~

はぁ、はぁ…

ご主人の腕……ご主人の…

はぷ

はむ、ぁぷ、えぷ、ぺる、んぷ、っぷぇ

ご主人の腕、おいし……

はぷ、れぷ、ぺるぇるれる、んぷ、んぅ、ぷゅ

ボディソープの匂いと、柔軟剤の匂いと、ちょっとだけ男の人の匂いがします…

ぁぷ、ゅぷ、んぷぇ、えぷ、れるれるれる~

あまり吸っちゃうと、後が残っちゃいますね……

優しく舐めますよ……

ぺる、ぺろれろ、ぇろ、ぺぇる、ぺろ、れろ

ぺる、ぺろぺろぺろ、れる、れぇ~ろ、ぇぷ

すごい、ご主人の腕、よだれでとろとろになってる…

ごめんなさい、ご主人…

舐めて綺麗にしてあげますから、ゆるして…?

んちゅ、ぺるちゅ、んちゅぷ、ちゅる、ちゅぷ

ぺろれろ、ん、ちゅ、ちゅるる、ちゅ

はへ、今度はもっと先の方舐めたいです…

んちゅ、ちゅ、ちゅぱ、ぺる、ちゅぅ

れぇろ、れる、ぷちゅ、ぺろ、ちゅぷ

えへ、ご主人の手まできちゃいましたぁ

手首のぉ、この、ぽこってしたとこも、いただきまーす。

むちゅ、ちゅ、ちゅ、ちゅ~、るちゅ、っちゅー

れる、れちゅ、んちゅ、ちゅる、ちゅぷ、んみゅ、んま、んぷ

このまま、手の甲も~

れぇ~る、れる、ぇる、ぺろ、れろ~

んちゅ、ぷゅ、ぺろ、んちゅ、んちゅぅ

小指~

ちゅぷ、ちゅる、んちゅ、ちゅぱ、んぢゅる、ちゅぅ

一番細い指なのに、んちゅ、ちゅる

ご主人の小指、太くて、ちゅ、ぢゅる

おっきいです、ちゅぷ、んぷ、んちゅ、ちゅ、っちゅ

ちゅぷ、ちゅ、ちゅ、んぶ、んぷ、んぷぅ

このまま全部の指、舐めちゃってもいいですか?

薬指…ぁぷ

ぷ、ちゅぷ、ちゅ、じゅぷちゅる、んぷ、んぷ、んじゅ

あぷ、んじゅ、ちゅぷ、ちゅちゅぷ、んぢゅ、ん、ん、んぷ、ちゅぷぇ

次は中指…

ぁむ、ぁぷ、んむ、ぷぇ、ぷゅ、ぁむ

こんなに甘噛みしちゃっても起きないなんて、ご主人……

ぁむ、あむぁむ、んちゅ、れろ、ちゅぷ、んちゅる

ちゅ、ちゅる、ちゅっぷ、んぢゅ、るぷぇ

んちゅ、ぷちゅ、ふぁ、はぁ、はぁ

人差し指も…

れる、れりゅ、ちゅぷ、ちゅっぷ、んぅ、んぢゅ

れろ、れろれろれろー、んちゅん、ぷちゅ、ちゅ、ぢゅる、ちゅぷ

んぅ、あぷ、ぢゅ、ちゅぷ、ちゅぱ、れちゅ、ちゅぷ、んくぅ

ちゅぷ、ちゅ、ちゅ、ちゅるる~

んぷぇ

親指も~

あむ、んぷ、んふ、ぁぷ、あむ、んちゅ、ぷちゅ、んちゅ、ん、んむ

はぷ、れる、れろ、ん、んちゅぅ、ちゅ、ちゅぷ、んちゅぅ

ご主人の親指、みみのお口とサイズがピッタリです

ぺろ、えろれろぉ、んぷゅ、んぅ、ぁぷ、ぷちゅ、ちゅ、ちゅる、ぷあぁ

えへへ、とっても舐めやすいです。

舌、絡めちゃいますね~

れりゅ、ぇる、ぁむ、ちゅる、れる、れろ、れりゅ、ぺろれろれろ、んぷ

やっぱりご主人の指、素敵です……

こうやってぺろぺろしてるだけで、とってもいいです……

んちゅ、ちゅる、ぢゅる、ん、ちゅ、ちゅぷ

ちゅ、ぷちゅ、んちゅ、ん、ん、ぢゅ、ちゅ、ちゅ、んちゅ

こうやって、くぷくぷーってしてるだけで、舌も、頭も、とろけちゃいそうです……

ぷちゅ、ぢゅる、ぢゅ、ちゅぷ、んちゅ、ちゅぱ、ちゅぷぅ

はぁ、はぁ、ご主人…ちゅ、ぢゅる、ご主人…

ご主人…ちゅぷ…ちゅ……

ご主人…ちゅる…

ご主人……ーーっ!

くぅ…っ…んく…ぁ…っぷぁ……はぁ、はぁ……

………

ご主人、起きてない…ですよね?

…ふぅ

ちょっと興奮しすぎちゃいました~

でも、けしてご主人に発情してたわけじゃないんですからね?

ご主人はみみの、大切な飼い主様ですから……

…でも、もっと望んでいいのなら……今以上の関係になれたらなって、思うこともたまにはあります。

……ご主人のこと、大好きですので。

…わぁ、ご主人の手、ベトベトになっちゃいましたね…

ちゃんと綺麗にしておかなきゃ、ばれちゃうかなぁ?

えへへ

はぷ、ぺろ、ぺろ、んちゅ、ぺろ、れろ、れるぅー

ちゅ、ちゅぷ、ちゅる、ぺろ、れろ、んちゅ、ちゅぷ

……んくん。

うふ、うふふふ~

にゅ、んちゅ、んぷ、ちゅ、ちゅる、ぇぷ、れちゅ、んちゅ

ちゅぷ、ちゅ、ちゅうぅ、ちゅぱ、れるちゅ、れる…

ちゅる……んむ……ちゅっぷ……れる……んぢゅ……んく……んぅ……

んむ、みゅぅ……ちゅぷ、ちゅ……

ん……ふぅ……ぷちゅ……ん……はむ……くぅ……すぅ