他の男の精液で孕むとき2― 障子に映る、快感に悶え狂った妻の影 ―

e_ev001_a_01 a_ev001_a_01 a_ev001_bf_01 a_ev002_a_01 a_ev003_a_01 a_ev003_bf_03 a_ev004_a_01 a_ev005_a_01 a_ev005_af_04 a_ev006_a_01 a_ev006_bf_03 a_ev007_a_01 a_ev008_a_01 a_ev008_bf_02 a_ev009_a_01 a_ev009_bf_04 a_ev010_a_01 a_ev010_af_04 a_ev011_a_01 a_ev011_bf_03 a_ev012_a_01 a_ev012_bf_04 a_ev014_a_01 a_ev015_a_01 a_ev016_a_02 a_ev017_a_01 a_ev018_a_01 a_ev018_bf_03 a_ev019_a_01 a_ev019_bf_02 a_ev020_a_01 a_ev020_bf_02

Download


         他の男の精液で孕むとき2― 障子に映る、快感に悶え狂った妻の影 ―

■あらすじ
とある小村の名家・小池家の次期当主・賢太朗に無精子症が発覚する。
世継ぎを作るためにやむを得ず、実父である一郎に妻の梓を抱かせることになる。

かくして子作りのため一郎に抱かれる梓であったが、障子を挟んで隣室に控えていた賢太朗は大きな絶望に突き落とされることになる。
一郎のカラダにしがみつき、無我夢中で背中を掻きむしる妻の影
接吻にて口を塞がれながら、絶頂の快感に細かく痙攣する妻の影

障子に映った妻の肢体は、その行為がいかに激しい快感を伴うものであったのかを如実に伝えていた。
やがて梓は子を宿し、絶望の夜は終わりを迎える。
しかし妻のカラダに刻まれた快楽の記憶は、そう簡単に消えるものではなかった……