ボクの目の前で親友に抱かれ腰を振る彼女―奴の言いなりにそのエロい肢体は開かれていく―

cg110_01 cg111_04 cg112_02 cg113_01 cg113_08 cg113_20 cg114_01 cg115_01 cg116_05 cg116_09 cg117_01 cg117_07 cg118_01 cg118_05 cg119_01 cg119_07 cg119_15 cg201_01 cg201_02_zoom cg101_01 cg101_18 cg102_01 cg102_05 cg103_01 cg105_13 cg105_26 cg106_01 cg106_05 cg106_09 cg107_01 cg108_01 cg109_01cg109_04 im103_01 im106 im107_02 im109_01 im109_02

Download


         ボクの目の前で親友に抱かれ腰を振る彼女―奴の言いなりにそのエロい肢体は開かれていく―

作品情報

陸上部に所属する主人公、矢口正樹は進学前から続けていた、陸上の記録が認められ、今や大会出場選手の候補となるまでに、実力を付けるようになっていた。そして、彼の隣には同じ部活のマネージャであり、また彼女でもある峰岸歩がいつも寄り添っていた。
そんな充実した学生生活を送る正樹だったが、彼の心には一つ引っかかる出来事が存在していた。
それは、かれの友人、日下修司のこと。今の学校に進学する前から、修司は正樹と同じ陸上部に所属していたが、卒業前の最後の大会直前に暴力事件を起こして以降、陸上部から離れ、孤独な存在となってしまっていたからだった。
そんな修司を気にかけながらも、歩未と充実した日常を満喫していく正樹。
だが、二人は何も知らなかった。
修司がその内心にどのような思いを抱きながら、二人を見つめているかと言うことに…