Dang! Dang! 団地妻 -わたしだけの旦那さま-

etc_h01_01 - コピー etc_h01_03 - コピー etc_h01_04 - コピー etc_h01_05 - コピー etc_h01_07 etc_h02_01 etc_h03_01 - コピー etc_h03_05 etc_h04_01 - コピー etc_h04_03 - コピー etc_h04_08 etc_h05_01 - コピー etc_h05_05 - コピー etc_h05_08 etc_h06_01 - コピー etc_h06_06 - コピー etc_h06_10 - コピー etc_h06_13 etc_h06_14 - コピー etc_h07_01 - コピー etc_h07_04 - コピー etc_h07_08 - コピー etc_h07_10 - コピー etc_h07_13 etc_h08_01 - コピー etc_h08_03 - コピー etc_h09_03 - コピー etc_h09_05 etc_h09_07 etc_h09_13 etc_h10_01 - コピー etc_h10_02_l etc_h10_05_l etc_h11_01 - コピー etc_h11_07_l etc_h12_01 - コピー etc_h12_04_l its_e01_01 - コピー its_e02_01 - コピー - コピー its_e03_01 - コピー - コピー its_h01_01 - コピー - コピー its_h01_07 - コピー its_h01_13 - コピー - コピー its_h02_01 - コピー - コピー its_h02_03 - コピー - コピー its_h02_03 - コピー (2) its_h02_08 - コピー (2) its_h03_01 - コピー - コピー its_h03_05 - コピー - コピー its_h03_08 - コピー (2) its_h04_01 - コピー - コピー its_h04_05 - コピー its_h04_08 - コピー - コピー its_h05_01 - コピー - コピー its_h05_04 - コピー its_h05_06 - コピー (2) its_h06_01 - コピー its_h06_03 - コピー its_h06_06 - コピー its_h06_09 - コピー kae_h01_01 - コピー kae_h01_06 - コピー kae_h02_01 - コピー kae_h02_05 - コピー kae_h02_08 - コピー kae_h03_01 - コピー kae_h03_03 - コピー kae_h03_05 - コピー kae_h03_07 - コピー kae_h03_09 kae_h04_01 kae_h04_03 kae_h04_07 kae_h04_08 kae_h05_01 kae_h05_04 kae_h05_06 kae_h06_01 kae_h06_03_l kae_h06_09_l man_e01_01 man_e01_05 man_e01_07 man_h01_01 man_h01_03 man_h01_07 man_h01_11 man_h02_01 man_h02_04 man_h02_06 man_h02_07 man_h02_09 man_h02_11 man_h03_01 man_h03_07 man_h03_10 man_h04_01 man_h04_07 man_h05_01 man_h05_04

Download

 <span class="red">【独占】</span> Dang! Dang! 団地妻 -わたしだけの旦那さま-

作品情報

藤堂 隼人はごく普通の学園生。

少し違うところがあるとすれば、両親が遺産として残したマンション群……。
いわゆる「団地」のオーナーであり、管理人的役割をすることで生活を立てていることだった。

ある日、住人の募集をかけることになったのだが、そのパンフレットの文面を考えているときに幼い頃の思い出が蘇る。
「わたしね? 団地妻になるのが将来の夢なの」
隼人にとっては幼い初恋の相手の言葉だった。
なぜ思い出したのか分からないが、勢いに任せて冗談任せに募集欄に書いてみた。
『団地妻募集中。お相手は、マンション管理人・藤堂 隼人』
不況のせいか、入居者の集まりも今ひとつ。
もう一度広告を出そうとした矢先に隼人の部屋の電話が鳴る。
「あの。チラシを見てお電話したんですが」
「はい。今なら空きはありますよ」
入居希望者が現れたことに喜ぶ隼人。

だが、それに続く言葉に隼人は言葉を失う。
「よ、よかったです。これで、わたしの願いが叶います」
「へ?」
「不束者ですがよろしくお願いします。これで、わたしも念願の団地妻ですね!」
冗談で書いた文言にまさかの希望者。

とりあえず、会ってみようと思う隼人だったが、待ち合わせの場所に現れた少女に驚きを隠せない。
転校で分かれてからもう10年……。

だけど出会った瞬間に忘れ得ぬ面影から隼人は驚く。
それは、紛れも無く、あの初恋の少女だったのだ。