FairChild

00682 00683 00685 00688 00704 00711 00713 00718 00719 00727 00729 00009 00036 00063 00068 00075 00081 00088 00089 00108 00111 00114 00118 00119 00123 00126 00135 00138 00144 00151 00155 00160 00168 00170 00254 00258 00262 00266 00272 00274 00279 00284 00285 00288 00292 00297 00302 00303 00305 00312 00314 00315 00316 00321 00322 00328 00329 00330 00334 00340 00392 00395 00396 00399 00401 00404 00408 00409 00410 00415 00419 00421 00424 00427 00429 00430 00431 00432 00434 00444 00445 00446 00447 00451 00457 00486 00489 00492 00505 00509 00511 00540 00544 00546 00550 00556 00559 00560 00562 00566 00569 00570 00572 00576 00577 00578 00582 00583 00589 00590 00591 00595 00596 00597 00603 00629 00631 00634 00637 00639 00642 00646 00648 00649 00652 00655 00658 00659 00663 00664 00670 00671 00672 00673 00674 00681

Download


         FairChild

作品情報

pure and fair―この想いを、届けたい

主人公・小鳥遊一樹(たかなしかずき)は、幼い頃に両親を亡くし、
叔母夫婦に引き取られて育った男の子。

そんな境遇にあっても、明るく快活な性格に成長した一樹は、
従兄妹の恋鳥(ことり)や幼なじみのこころ達と共に、平穏な学園生活を送っていた。

自称大和撫子のとばり、帰国子女の悠姫(ゆうひ)、生徒会長の朔夜(さくや)に、
入学前からの友人である大吾と蓮。
気の置けない仲間達と過ごす、ちょっと刺激的で、充実した日々。
いつしか一樹は、こんな毎日が永遠に続くことを願うようになっていた。

けれど―

手のひらから零れ落ちた滴が、二度と還らぬように。変わらないものなどありえない。
いつまでも子供のままでいたいと願っても、時間はけして止まらない。

何かを得ることが、何かを失うことだと気づいた時、少年は大人への道を歩み出す。

これは、少年少女達が「大人」へと変わってゆく、小さな恋の物語―