嬲ラレ姉妹 ~強制コスプレ調教日誌~

Gall2.dat_000004 Gall2.dat_000006 Gall2.dat_000011 Gall2.dat_000022 Gall2.dat_000024 Gall2.dat_000028 Gall2.dat_000033 - コピー Gall2.dat_000037 Gall2.dat_000040 Gall2.dat_000041 Gall2.dat_000042 - コピー Gall2.dat_000046 - コピー Gall2.dat_000051 Gall2.dat_000053 - コピー Gall2.dat_000054 - コピー Gall2.dat_000058 Gall2.dat_000062 Gall2.dat_000066 Gall2.dat_000068 - コピー Gall2.dat_000073 - コピー Gall2.dat_000082 - コピー Gall2.dat_000083 - コピー Gall2.dat_000097 - コピー Gall2.dat_000098 - コピー Gall2.dat_000106 - コピー Gall2.dat_000114 - コピー Gall2.dat_000115 - コピー Gall2.dat_000120 - コピー (2) Gall2.dat_000126 Gall2.dat_000133 - コピー Gall2.dat_000138 - コピー Gall2.dat_000139 - コピー Gall2.dat_000152 Gall2.dat_000160 - コピー Gall2.dat_000161 - コピー Gall2.dat_000171 - コピー Gall2.dat_000179 Gall2.dat_000190 - コピー Gall2.dat_000202 - コピー Gall2.dat_000205 - コピー - コピー Gall2.dat_000209 Gall2.dat_000214 Gall2.dat_000221 - コピー Gall2.dat_000223 Gall2.dat_000240 - コピー Gall2.dat_000241 Gall2.dat_000249 Gall3.dat_000011 - コピー Gall3.dat_000015 - コピー Gall3.dat_000016 Gall3.dat_000019 Gall3.dat_000025 Gall3.dat_000028 Gall3.dat_000030 Gall3.dat_000034 Gall3.dat_000043 Gall3.dat_000052 Gall3.dat_000054 Gall3.dat_000068 Gall3.dat_000076 Gall3.dat_000079 Gall3.dat_000090 Gall3.dat_000093 Gall3.dat_000097 Gall3.dat_000100 Gall3.dat_000112 Gall3.dat_000119 Gall3.dat_000128 Gall3.dat_000141 Gall3.dat_000144 Gall3.dat_000149 Gall3.dat_000158 Gall3.dat_000171 Gall3.dat_000186 Gall3.dat_000189 Gall3.dat_000203 Gall3.dat_000208 Gall3.dat_000211 Gall3.dat_000214 Gall3.dat_000221

Download

嬲ラレ姉妹 ~強制コスプレ調教日誌~

 

■作品内容
御堂みずきは恋に恋する、どこにでもいる大人しい女の子だった。
一つだけ目立つ事といえば、みずきが好きな少女向けアニメ
「キューティピュア」の主人公サツキに似ている事くらい。
一度その主人公を真似てサイドテールにしてみたら、想像以上に似ていた。
それを、クラスメイトのアニメオタク、鳥谷太地が見ていた。
みずきには、長らく片思いしている男がいた。

男の名は鳥谷総司。
学園一のイケメンで成績も優秀だが、不思議な事に彼女はいない。
見た目はあまり似ていないが、太地の弟で、学年は一つ下である。
性格の大人しいみずきは、片思いで十分だと思っていた。
だが、ある事をきっかけに総司の方から話しかけてくるようになる。
一方、兄の太地はやけにみずきの事をじろじろと見るようになっていた。
少々気味が悪かったが、元々の性格もあるし、総司の兄という事もあって、彼を嫌う事はなかった。
だがそんな太地を毛嫌いしているのが、妹の麻知だった。
明るく勝ち気な性格をしている麻知は、何も言わずにじろじろみずきを見ているだけの太地に嫌悪感を抱いていた。
そんな中、親密度を増していくみずきと総司。
そしてついに、みずきは麻知の後押しもあって、告白する決意をした。
みずきの一世一代の告白。結果はOK。
みずきと総司は晴れて付き合う事となった。
初めてのデートで幸せいっぱいの時を過ごすみずき。
デートの後、みずきは総司の家に来てくれと言われる。
家に行くと、普段見せないような笑みを浮かべている太地がいた。
総司の部屋で二人っきりになり、いい雰囲気になる。
総司の優しい愛撫に、少しずつ緊張がほどけ、感じ始めもするみずき。
「恥ずかしいだろう。電気消そうか」と、総司は照明を消した。
そして、いよいよ挿入。みずきは必至に痛みを堪える。
愛する人と結ばれた…その至福に心は満たされる。
だが電気をつけると、そこにいたのは。
総司ではなく、太地だった。
「ははははっ!僕がピュアシャインの処女を奪ったんだ!」
みずきは二人に騙されて、好きでもない男に処女を捧げさせられたのだ。
その後、みずきはその時録った画像や動画を元に、太地達の言う事を聞くように脅される。
下手な事をすれば妹も巻き込む事になる、とも言われた。
それからみずきは二人の前で、キューティピュアのコスプレをさせられながら、辱めを受けるようになる。
妹を巻き込むまいと必死に恥辱に耐えるみずき。
だが、大切な妹、麻知まで、総司達の毒牙にかかってしまう。
そして姉妹ともども、男達の強制コスプレ調教を受ける事になる。
こうして卑劣な罠に堕ちた二人の姉妹は、嬲ラレ、調教サレテ、変エラレテイク……。
姿も、心までも。